榊原いずみ音楽教室のブログ | 吉川市のピアノ教室ー榊原いずみ音楽教室

榊原いずみ音楽教室
ピアノが弾ける喜び感じてみませんか
ブログ
2017年09月27日 [レッスン]
秋の気配が感じられる季節となりました✨

中学校では文化祭、小学校では音楽祭と「芸術の秋」にふさわしい行事がありますね。

教室の生徒さんも、合唱コンクールのピアノ伴奏者に選ばれて頑張って練習しているところです。

中学校では分厚い合唱の楽譜があって、素敵な曲が沢山載っています。
どれもかなりレベルが高い曲。
歌うのもなかなか大変だと思いますが、伴奏もかなり難しい。

私が中学生の頃に伴奏していた曲はもっと短くて、今ほど難しい伴奏ではなかったような気がします。
全体的にレベルアップしているんですね。

Let’s search for Tomorrow
My Own Road
YELL
春に
予感

時の旅人
などなど、生徒さんが弾く素敵な曲。

伴奏をする際に一番気をつけたいことは、まず絶対に止まらないこと。
ソロの場合は止まってもそれは自分だけのことで済みますが、伴奏の場合はそうはいきません。
責任重大です。
それからピアノを弾きながら指揮を見て、合唱を聴いて、同時に沢山のことをこなしながら、良い音楽を創り上げていく。このことがとても重要なことです。
伴奏だけが前に出ていかないように。かと言って引っ込みすぎないように絶妙なバランスで弾けることが理想です。

あとひと月、頑張っていきましょう(^^♪




piano

2017年09月19日 [音楽]
友人がゲスト出演するライブに行ってきました。

昨年結成されたユニットで、劇中歌、ダンスパフォーマンス、物語の朗読withヴァイオリンとパーカッションなど盛沢山の内容で今年もとても楽しめました。

昨年は蘭妖子さんがゲスト出演していましたが、今年はシルクドソレイユのクラウン役をしていたフィリップ・エマールさんが出演✨

ライブの良さは何と言っても間近でパフォーマンスに触れられることだと思います。

それぞれの方々のクオリティの高さに圧倒されながら、素晴らしい集中力、そして心からパフォーマンスを楽しんでいる様子を肌で感じることが出来て、素敵なひと時を過ごすことが出来ました。

ピアノのコンサートは2台、3台、5台ピアノの競演や連弾など、複数の方による演奏もありますが、ソロの方が圧倒的に多く、静聴するタイプのコンサートが多いですね。

様々な楽器やダンス、歌とのコラボはまた一味違った楽しさがあります。
ひとりで黙々とピアノに向かい好きな曲を弾くことも楽しいし、コラボすることもまたとても楽しいものですね(^^♪

さて、このユニットはあと3年は続けられる予定とのこと。

とても楽しみです♡




ライブ

2017年09月12日 [音楽]
近頃、ピアノと笛の音色に癒されています(^^♪
笛といっても沢山ありますが、中国の竹笛、笛子という楽器。

そもそものきっかけは、2015年の中国最高傑作ドラマと称される「琅琊榜―麒麟の才子、風雲を起こすー」を見たことからでした。

チャンネル銀河のトップページから引用すると
「南北朝時代をモデルとした中国の架空の時代を舞台に、政変に巻き込まれながらも一命を取り留めた主人公が家名の名誉回復のため、皇位をめぐる権力争いに身を投じていく宮廷復讐劇。全編に張り巡らされた伏線、緻密な計算、登場人物たちの駆け引きーーー見始めたら最後、あなたはこの作品の魅力から逃れることはできない。」
となっていますが、まさにその通りでした。

脚本もキャストも素晴らしく、グレーと青を基調にした映像がまた素敵でそこに美しい音楽が相まって、まるで重厚な映画のような作品でした。琅琊榜ロスという現象が起きたのが良く理解できます。

このドラマでの音楽はオーケストラのみの演奏の方が多かったように記憶していますが、中国の伝統楽器とのコンツェルトもあり、それがまた素敵でした。

そして中国の竹笛、笛子という楽器を少し調べてみると、笛膜(芦を薄くそいで作られたヒラヒラの膜)というものを笛に張り付けて振動させることであの独特な音色がでるとのこと。
今まで全く知らなかったのですが、初めて中国ドラマを見たことで中国楽器の構造にも興味が(#^^#)

そんなわけで、「YouTube」であれこれ探して、今一番癒されているのがピアノと笛子のInstruental Music.

オーケストラとの融合も素敵でしたが、ピアノと笛子のコラボはしっとり癒されます♡
笛

2017年09月05日 [その他]
先週は秋の気配を感じられるほど涼しい日がありました✨
あまりの天気の良さに、夏の間すっかりご無沙汰していたウォーキングに出かけてみました。

前々から気になっていた弥生橋から川沿いに整備された「水と緑をつなぐおすすめウォーキングコース」
川面に午後の日差しが燦然と輝き、爽やかな風が吹きわたる絶好のウォーキング日和でした。

川に下りる階段に腰かけ、釣竿を垂らしている親子連れ。
お散歩中のワンちゃんたち。
色鮮やかなおしろい花の群生。
絵画のように美しい景色の中で聞こえてくる様々な蝉の鳴き声と、ふとその声が静まった時に密やかに響く鈴虫の羽音。

暑かった夏もそろそろ終わりを迎え、これからは自然を愉しめる季節がやってきますね(^’^)
見て、聞いて、感じて、嗅いで。

「ピアノを弾いていて、気分転換にウォーキング」というのは沢山の方が実践していることのようです。
私も特に人前で弾く時の前など、意識して行っています。

これは何もピアノだけに限ったことではないと思います。
どんなことでも一つの事を頑張り続けると煮詰まってしまうことがあり、そういう時に広々とした空間に身を委ね、全身で自然に触れることで五感がリフレッシュされ、エネルギーをもらえるのだと思います♡

皆さんも是非、ウォーキング楽しんで下さいね。

地図

PageTop