榊原いずみ音楽教室のブログ | 吉川市のピアノ教室ー榊原いずみ音楽教室

榊原いずみ音楽教室
ピアノが弾ける喜び感じてみませんか
ブログ
2018年02月19日 [レッスン]
第6回発表会の日程が決まりました♪

2018年9月2日(日)
場所は松伏中央公民館・エローラです。

今年はくじ運が悪く落選を重ねていましたが、やっと当選しました!

先週から学年が上の生徒さん達は、早速発表会の曲選びに入りました。
どの曲を弾くか決めるのにみんなわくわく❤
発表会の曲選びって本当に楽しいですよね。

毎年、本人の意向とこちらからお勧めの曲を何曲か用意して、話し合って決めています。

1回目からずっと参加している生徒さんにどんな曲がいい?と聞いたところ
「簡単に弾けるけど、難しく聴こえる曲! フフフ。そんな曲あったらいいなあ」という答えが返ってきました。
うーん。そうなのよね。。。
その気持ち、よーく分かります(^^♪

今回2度目の出場になる生徒さんにお勧めの曲を弾いたところ、目を輝かせて
「すごく好き!すぐに練習したい」と。
普段の練習の曲もそのくらいの意気込みがあると頼もしいんだけど。。。
でも、私も何度も経験してきたことなのでその気持ちもすごくよく分かるよ(^^♪

そのくらい発表会で弾く曲って特別なものなのよね。
やる気に満ちた今の気持ちを忘れずに、これから発表会目指して頑張っていきましょうね。

小さいお友達はもう少し経ってから曲を選びましょう。

今年初めての参加となる生徒さん達も、発表会楽しみに頑張って下さいね。
piano

2018年02月05日 [その他]
先日、「第17回東京国際キルトフェスティバルー布と針と糸の祭典―」に行って来ました。
毎年キルトフェスティバルが開催されているのは知っていたのですが、なかなか訪れるチャンスがなく、今年初めて東京ドームまで、足を運ぶことができました。

あの広いドームに沢山のキルト作品が展示され、ワークショップやマーケットも多数あり、まさに祭典!
どの作品も気が遠くなるほど細かい作業を重ね、数センチサイズの布を繋いで縦横2メートル程の芸術作品に仕上がっていることに、ただただ圧倒され、ため息✨

今年の特別企画は「四大作家がつづる若草物語」だそうで、日本を代表する4名のキルト作家の方々が、「若草物語」の四姉妹をキルトで演出されていました。
それぞれ趣が違う四姉妹の中、私が一番好きだったのは、キャシー中島さんのジョーの部屋。クリスマスをイメージした赤と緑の使い方が素敵で、クリスマスツリーがとても心に残りました。

私自身のキルト作品(?)は、20センチ四方くらいのものを何枚か作った程度で、それでさえ結構な時間がかかった記憶があります。

小さなピースを沢山作って、それをはぎ合わせて少しずつ大きなものにしていく。さらにそれをキルティングして作品として仕上げていく。この作業はピアノの練習と似ていると思います。
少しずつ譜読みをして、とりあえず弾けるようになったら、今度は曲として完成させていく。
どちらも「コツコツ」がなくてはなりたちませんね。
手間暇をかけるということは、それに見合うものが出来上がるということだと思います。

沢山の素晴らしいキルト作品の前に立って、改めて「日々の努力」の大切さを教えてもらった素敵な一日になりました。

キルトフェスティバル

PageTop