榊原いずみ音楽教室のブログ | 吉川市のピアノ教室ー榊原いずみ音楽教室

榊原いずみ音楽教室
ピアノが弾ける喜び感じてみませんか
ブログ
2018年03月25日 [レッスン]
榊原いずみ音楽教室ではピアノレギュラーレッスンの後に、ご希望の生徒さんにソルフェージュレッスンを行っています。

「ソルフェージュ」とは「楽譜を中心とした音楽理論を実際の音に結び付ける訓練」ということなのですが、音楽高校、音楽大学などで入試の科目になっています。

当教室ではソルフェージュの中の「聴音」と「新曲視唱」を主に行っています。

ピアノの最初のレッスンでは、まず鍵盤の「ド」の場所を覚え、その場所が楽譜にはどういう様に書かれているかを説明します。
それから音符の長さや音の高さ、リズムや拍子などを、一曲ずつ弾きながら楽譜が読めるようになっていきます。
そうやってある程度楽譜がスラスラ読めるようになっても、反対に、聴こえた音を楽譜に書き取るにはまた別の勉強が必要になってきます。

「聴音」というのは音を聴いて楽譜に書き取ることです。
まず、音程が正しく聴こえること。
そして、楽譜の書き方の決まりを覚えていなくては書けません。

ピアノが大好きで「聴音」も頑張っている小学4年生の○○君。
読譜はバッチリだし、音もリズムも取れているんだけど、楽譜にするのがなかなか大変!
お母様の話では、よく自分で作曲した曲を聴かせてくれるとのことだったので、
「じゃあ、先生が弾く曲を聴いて書き取るより、自分で作曲した曲を楽譜に書いてみようよ」
ということで、早速次の週に書いて持ってきてくれました。

素敵なタイトルで、なんと両手で弾く曲✨
自作自演で弾いてもらうと、「あらっ、ちょっとそこ楽譜と違うよね。」という箇所がところどころあり、その違いを自分で考えることが出来て、少しずつ楽譜の書き方が分かってきたようです。

大好きなピアノと同じくらい大好きになった「作曲」
今までは、自分で覚えていた曲を「楽譜」にすることが出来るようになって、本当に嬉しそう✨

この調子で「聴音」も「作曲」も「ピアノ」も頑張っていきましょうね(*^_^*)
ピアノと男の子

2018年03月17日 [レッスン]
先日、高校の音楽科のピアノ専攻に合格した生徒さんとお母様がご挨拶に来て下さいました。

2人とも満面の笑顔で、明るい日差しの中でより一層輝いていました✨

ピアノを始めた時から今までの10年来の出来事や共通の知人の話でひとしきり盛り上がりました。
それから音楽科の授業内容を説明し、入学までにやっておきたい勉強方法を伝えました。

受験に受かった喜びを噛みしめつつ、早速もう次のステップに向かって踏み出さないとね(*^_^*)
今頃、勉強してくれているかな?

講師歴も長くなってきましたが、ピアノや音楽を教えることを通して、私も沢山の勉強をさせていただいています。
同じことを伝えるにしても、生徒さんひとりひとり、本当に個性が違うので、どういうアプローチがその人にとって一番いいのかを模索し、それぞれの目標や希望が叶うような指導ができるようにと日々、勉強です。

夢を叶え、巣立っていった生徒さん✨
毎週会えなくなるのは寂しいけど、今まで以上にピアノを究める決心をしてくれたことは、私にとって大変嬉しいことです。
発表の舞台は是非聴きに行くから、頑張ってね♡

桜の開花予報を目にするようになってきました。
春ですね✨
旅立ちと新しい出会いの季節♪

教室には新しいお友達が入会してくれました。

ピアノを始めたばかりの生徒さんが、ずっとピアノが好きでいてくれますように。
一緒に沢山のことを経験しながら、一歩ずつ進んでいきましょうね♡
桜とピアノ

2018年03月09日 [レッスン]
前回のブログで紹介した、高校の音楽科を受験した生徒さんの合格の吉報が届きました✨

本当におめでとう✨
頑張ったね!

あどけない幼稚園さんの時に、お母さんと一緒に教室に来た時の生徒さんの姿が蘇ります。
あれから10年!
いろんなことがありました。

初めての発表会はとても上手に弾けました(*^_^*)
でも回を重ねる発表会で毎回完璧というわけにはいかず、小学校低学年の時に連弾の部で緊張して分からなくなったこともありました。
それから発表会前に骨折して、ソロの部で演奏できなかったこともあったね。
レッスンでも、小学生の頃は私に注意されて何度も何度も泣きました。
中学に入ってからは、発表会と合唱コンクールの伴奏を頑張ったよね。
3年生では「伴奏者賞」を受賞できました✨

そして、音楽科を受験すると決心してからの彼女の上達ぶりには、目を見張るものがありました✨

お友達が習っているから私もというきっかけでピアノを始め、ずっとピアノが好きで続けてきて、高校では音楽科を選択するに至って。
指導者としてはこれ以上嬉しいことはありません。

これから先もずっとピアノと音楽と共に歩んで下さいね。

ずーっと応援してるよ(*^_^*)
合格

2018年03月03日 [レッスン]
先日は高校の音楽科を受験する生徒さんの受験前、最終レッスンの日でした。

発表会、コンクールなど人前で弾くということはなかなか普段通りというわけにはいかず、程度の差はあれ緊張を伴うものです。ましてや、入試なのですから緊張の度合いもマックスになりますね。

受験生の生徒さんは幼稚園児の時からレッスンに来ていることもあってか、私の前で弾く際は全く緊張しないとのこと。。。
そこで、2組の小学生とお母様にお願いして、聴いてもらう機会を設けました。

受験生の生徒さんからは
「緊張した~!!!聴いてもらって良かった」の声が☆彡

本当に良かったね。人前で弾けて(*^_^*)
緊張しながらも、とても良く弾けてたよ✨
自信を持って頑張ってね❤

そして、間近で難しい曲を上手に弾いているのを聴いた小学生2人にとっても、貴重な経験だったようです。

1人の生徒さんは、昨年夏からレッスンを始めてまだ発表会の経験がなく、上手な演奏を聴いてとても感動し、
「私も上手になってピアニストになりたい♡」
と言っていたそうです✨

もう1人の生徒さんも「上手!凄い!」と感激しきりで、お母様はすかさず
「あんなに上手に弾けるようになるには、沢山練習しなきゃね」
とおしゃったそうです(^^♪

今の自分のレベルの曲よりずっと難しい曲を、改めて目前で聴くチャンスは、なかなかないことですものね。

生徒さん達にとって良い機会となり、私も大変嬉しく思いました。

piano1

PageTop