榊原いずみ音楽教室のブログ | 吉川市のピアノ教室ー榊原いずみ音楽教室

榊原いずみ音楽教室
ピアノが弾ける喜び感じてみませんか
ブログ
2020年09月12日 [レッスン]
今月から入会してくれた3歳のお友達。
お母様とも相談して、リトミックも加えてピアノのレッスンをすることになりました。
早速、拍子を感じながらのリズム打ちの為にカードを作成。
取り敢えず2拍子はネコとイヌ。3拍子はリンゴとピアノ。4拍子はニンジンとダイコンにしてみました。
ところが、英語も習っているからリンゴのカードを見た時は素晴らしい発音で「アポー‼」
「日本語だとリンゴだから、リンゴって言ってみて」と指摘すると「リンゴ」と言えるんだけれど、カードを見るとやっぱり「アポー‼」
身に付いているから瞬間的に出てきちゃうよね。
来週までにリンゴの代わりにバナナを作っておくね😊
ブロッコリーやパイナップルは休符の入ったリズム。
先ずは知っている言葉のリズム打ちから始めて音符や休符も打てるようにしていきます(^ ^)

先週初めてのリトミックのレッスンでは音の違いに合わせてのご挨拶。
カードを使ったリズム打ち。
音程に合わせて名前を呼ばれたら、同じ音程で「はあい」のお返事をする。
ドレミの階段を上って降りる(ドレミファソラシドを歌いながら鍵盤を弾く)等が出来ました✨
これから毎週、色んなことをやっていくから楽しみにしていてね。

そしてリトミックを楽しみながら、焦らずピアノも基礎からしっかりやっていきましょうね😊カード

2020年08月24日 [レッスン]
新型コロナの感染により延期を余儀なくされた発表会でしたが、11月15日、松伏中央公民館エローラで開催出来ることになりました😊

開催に当たっては全員マスク着用等の細かい使用制限があり、密を防ぐために客席は68名まで。当日の来場者全員の氏名、緊急連絡先を記入して名簿を提出等々。
明確なガイドラインが提示されているのが有難いです。

本来であれば、今月23日に開催予定であった発表会。。。
生徒さん達の発表会に出たい‼という強い思いが実現出来る方向になって私も嬉しく思うと同時にコロナ感染対策に力を入れなければ‼と気持ちを新たにしています。

そして、今教室では発表会に向けてみんな猛練習中です😊
猛暑の中、2学期も始まりみんな一生懸命頑張っています👏
例年、親子、兄弟同士の連弾の他、私と連弾をする生徒さんもいるのですが、今年は距離を取るという観点から連弾は家族のみに。。。
私との連弾を楽しみにしていた人や、今年はお友達同士で連弾してみようと計画していた人達。。
いつか、それも実現出来る日が来ると思うので、その分今回はソロの演奏を頑張りましょうね✨

写真はラベンダーのポプリ。
かれこれ10年以上前に買ったポプリをセット出来るレースのキット。
編み物は棒針から始めて、かぎ針では細い糸は編んだ事がなかったのですが、初めてレース糸を編んでみました。
慣れれば細い糸でも編めるものですね😊
前回のラベンダースティックとはまた違って、これはこれで癒されています🍀
ラベンダーポプリ

2020年06月27日 [レッスン]
レッスンが再開出来るようになり、ひと月が経ちました。
3か月間ずっとお休みしていた何人かの小さいお友達も、1週間、次の1週間と回を重ねる毎に徐々に感覚を取り戻せています✨

「ピアノを弾くことを忘れないように、合格した曲を弾く程度の事しか出来なくて」
「時々練習はしていたんですけど。。。あんまりしていないと言う方が正確です」
「レッスンが再開になって、本当に良かったです」
と言うお母様達の声。

時々弾いていたから忘れずにいられたし、頑張ったね。みんなえらいよ👏

指を動かすことは忘れていなくて、どちらかというと楽譜の読み方。五線譜上の音の名前や音符の長さ、そういう方が忘れちゃうのね。
でも大丈夫。ちょっと復讐すれば、すぐに思いだせるから😊

ピアノを始めて、まだ1年も経っていないうちに、レッスンに来られなくなるなんて。。。こんな事思ってもみなかったよね。

そして、発表会が無くなったからと、すっかりやる気をなくしていた生徒さんも、3週目、4週目になると
「今日のピアノは楽しかった〜😊」と帰りの車の中で言っていたそうです✨
良かった😊
それを聞いて私も一安心😊

みんなそれぞれに自分のペースを乱されたよね💦
この大変な経験も必ずプラスにしていきましょうね。

写真は緊急事態宣言中に進んだサンボンネットスーちゃんのアップリケキルト。上の4枚が追加されました。

巣篭もり中、ひたすら針をチクチク。
私にとって、編み物やパッチワークは心を穏やかにしてくれる大切な存在です😊

好きな事があるって幸せです✨

みんなにもピアノが楽しい❣と思ってもらいたいです😊

キルト

2020年06月12日 [レッスン]
緊急事態宣言が解除され、当教室も6月から通常レッスンを再開しました。

オンライン上のレッスンでは会っていたけれど、やっぱり実際に対面してレッスンが出来るのはとても嬉しいことでした(*^_^*)

中には丸3か月振り!だった小さな生徒さんもいて。。。
「久しぶりね。元気だった?」の挨拶から始まりいざレッスンを始めると、3か月のブランクも感じることなく今まで通りにレッスン出来ました☆彡

「時間が沢山あったから、普段より沢山ピアノの練習をしていました(#^.^#)」
という声が一番多かったのですが、残念なことに
「8月の発表会がなくなったから、がっかりして全然やる気がなくなった・・・」
という人も・・・
「生活が変わって殆どピアノを弾かなかったけど、元の生活に戻ったからまたピアノも頑張りたい」
という生徒さんもいました。

突然生活の変化を余儀なくされ、みんな、それぞれに思うことがあったようです。
そうだよね。。。。。
お母様達からも様々な声が寄せられましたが、共通していたのはレッスン再開を喜ぶ声でした✨

みんなが楽しみにしていた発表会は、今後ホールの利用状況を確認し、開催できる方向で考えています!

利用に関しては、まだ公表していないホールもありますが、すでに発表されたホールでの制限付き利用では、利用者の人数制限。演奏者も客席も全員マスク着用。客席は2メートルの間隔を取る。ホール内に入る全員の氏名、住所、電話番号を記入した名簿の提出等、10項目の制限が設けられていました。

今後どういう生活になっていくのか全く見当もつきませんが、出来る範囲で出来る最善の方法を考えてみんなで頑張っていきましょうね。
ピアノと子供

2020年05月10日 [レッスン]
今月も4月に引き続き緊急事態宣言は解除されず。。。

8月23日に予定していた発表会も残念ながら開催を見送らざるを得ない状況になりました。
八潮メセナホールからも9月31日まで、使用できない旨の連絡がありました。

4月は動画のやり取りでレッスンを行っていましたが、アプリを導入してのオンラインレッスンのご希望があり、今月からは2通りのレッスン形態を取っています。

先週は1回目のアプリによるオンラインレッスンでした。
何せ私も初めての事なので、友人のピアノの先生と何度もシミュレーションを重ね、生徒さん達ともお試し繋ぎを行い準備万端にして臨みました。

画像がたまに、1~2秒くらいフリーズすること。
1度だけ「低速モードです」との表示が出て、一瞬遅いかな?と思うことがあったこと。

その2点はありましたが、音は全く問題なく聴こえました。
回線の状態によるのだと思いますが、イメージしていたよりは良い状態でレッスンを進めることが出来ました。

動画のやり取りとは違い、弾いているその場で注意を指摘できることはやはり助かります。
そして、聞き洩らさないようにしようと思うのでしょう、みんなとても集中していました✨
通常のレッスンとは勿論違いがあるので、通常30分のレッスン時間を45分に延長して行ったのですが、45分間集中が途切れなかったのはすごい!と思いました。

1か月、2か月単位でレッスンが出来なくなったことは長い講師生活でも本当に初めてのことですが、何らかの方法で少しでもレッスンを続けられることは、やはり科学の進歩に感謝せざるを得ません。

もし30年前にこのような状況になっていたら、何もなす術がなく途方に暮れていたのだろうと思います。

6月からは通常のレッスンが再開されることを祈って、今は出来る範囲で出来ることを着々とやっていきたいと思います。

みんな!
頑張ろうね(*^_^*)
piano

2020年04月16日 [レッスン]
緊急事態宣言の発令に伴い、当教室では今月4月の第2週目以降のレッスンをお休みにさせて頂きました。

3月には学校が休校となった為、最初の2週間はレッスンをお休みにして、3週目からエタノール消毒液を設置し換気その他に努めてレッスン再開し、みんなもとても嬉しく通っていたのですが。。。

そこで、何とか生徒さんやお母様達に負担がない方法で自宅での練習を進めていけないかなと考え、生徒さんが弾いた動画を送ってもらい、それに対して、私が弾いている動画や注意事項を楽譜に記入した写真やコメントを返すという形のオンラインでのやり取りを始めることにしました。

この方法を開始して10日が過ぎ、毎週しっかり送ってくれる人、自分のペースで出来た時に送ってくれる人、まだ送ってきていない人それぞれですが、「登校もできない中、生活に張り合いが出来てとてもありがたいです!」というお言葉を多数いただいています。
中には「あまり弾けなかった時は毎週でなくてもいいですよ。」とお伝えしたところ、
「『いずみ先生に動画送らなきゃいけないからね!』」と言わないと余計ダラダラするので、あまり進んでなくても送らせていただきます」との声も( ^)o(^ )

普通に学校に登校することが出来なくなり、生徒さん達もストレスその他、自分の気持ちを整えることが大変だと思いますが、いつかこの生活も元に戻る日が来るはずなので、それまでは出来ることを頑張っていきましょう✨

アプリを導入してのオンラインレッスンも方法としてはあると思いますが、カメラの設置等の環境を整える問題や、生徒さん側の負担等も考慮すると現段階ではまだ様子を見ている感じです。

みんなの練習の動画で、私も沢山の元気をもらっています(*^_^*)

普通にレッスンが出来る日を楽しみに頑張りましょうね‼
猫とピアノ

2020年01月12日 [レッスン]
新しい年になりました。

新年初めてのレッスンは、みんな沢山練習してきてくれました✨

「花丸いっぱい、嬉しい」と満面の笑みを見せてくれた幼稚園生。
「今年もよろしくお願いします!頑張ります!」の言葉通り頑張ってきてくれた小学生。
「部活が忙しい。疲れた」と言いながらもピアノの練習時間もちゃんと確保している中学生。
「言わなくても自分から練習したんですよ」と嬉しそうに話すお母様。

新年早々、ピアノが好きな生徒さん達の姿を見ることが出来て、講師としてこんなに嬉しいことはありません。
中にはちょっとやる気がなかった。。。という人もいたけれど大丈夫。
やる気は常にあるものでは無いから。
いつもやる気に溢れていると頼もしいけれど、機械じゃなくて人間だからね。
頑張りたい時もちょっとさぼりたい時もあるはずです。
練習せずに充電できた人はこれから頑張りましょう(#^.^#)

大学受験でお休みしていた高校生も今月からレッスンを再開してくれました。
せっかく弾けるようになったピアノだから、学年が上がっても自分のペースで続けてもらえると本当に嬉しく思います。

何かの時に自分の側にピアノがある°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

みんなにそう思ってもらえるように、私も頑張ります。

今年もどうぞよろしくお願いします(*^_^*)

音符

2019年11月12日 [レッスン]
今日は新しい手作り教材を紹介したいと思います。

このブログでも何度か書いていますが、ピアノが上手に弾けるようになるには反復練習がとても大切です。

何年もピアノを弾いていれば、<繰り返し練習しなければ上手に弾けるようにはならない>ということが感覚的に分かってくると思うのですが、この簡単な理屈にもかかわらず実践することがどれだけ難しいことか。。。

「あと5回弾くんでしょ」
「何でよ!」
「じゃ、もう知らないからね!」

「毎週、こういうやり取りで本当に疲れます。言わないと練習しないし。。。」と話すお母様の多いこと。。。
特に今の時期は発表会も終わっているから、尚更だと思います。
私は自分自身の経験も踏まえ「お子さんが小学3年生くらいまでは頑張って言ってあげて下さい。親の努力です」と申し上げています。
個人差はありますが小学4年生くらいになると、本当にピアノが好きな子は自ら練習するようになるはずです。

ただ始めたばかりの小さな子にとっては同じことをいろいろ注意しながら何回も弾くというのは大変な作業です。
練習がイヤとか反復がイヤというよりは集中力が続かないですよね。

そこで1回弾くたびに動かせるマグネットを作ってみました。

ちょうど4歳のお誕生日に始めた○○ちゃん。
いつも大きな声で「こんにちは!」とご挨拶ができます。
「ピアノに来るの、とっても楽しみにしているの」と嬉しそうに話してくれます。
レッスン中は一生懸命に弾くのですが、何回か繰り返しているうちに少し飽きてきます。
そこでマグネットを導入したらとても気に入って、回数をこなせるようになりました!(^^)!

今までの楽譜に出てきた音の長さや音の名前はちゃんと理解していて、よく動く指でしっかり弾けています✨
進度も順調に進んでいます。
自分の好きな「かえるの歌」も楽譜に出てきてないけれど弾けるようになりました。
これからどんどん新しい音が出てくるから、しっかり楽譜が読めるように頑張ってね(^^♪
そして、自然に反復練習をすることが身についてくれると嬉しいです。

新しい手作り教材

2019年09月08日 [レッスン]
2019年9月1日(日)
第7回ピアノ発表会が終了しました。

出演者の皆様、お疲れさまでした。
そしてご来場の皆様、どうもありがとうございました。

今回は4年続けて使用したホールではなく、久しぶりに八潮メセナのホールで開催しました。
どちらもスタインウエイの音色が響く素敵なホールです。

今年の発表会に向けての練習は何故かみんなゆっくり構えていて、ひと月前の仕上がりはとても不安な状態でした。
私の叱咤激励にも相当力が入っていましたね。。。
(あとひと月しかないのよ!どうするの!!ってみんな言われたね(*^^)v)
でも夏休み中にラストスパートで頑張り、本番当日に最高の出来を披露出来た人が沢山いました✨

本番を最高の水準に持っていくのはなかなか出来ることではないので、今年そういう経験が出来て達成感を味わえたことは今後の励みになると思います。

毎年発表会を通して、生徒の皆さんは確実に成長しているのを感じます(*^_^*)
ひとつの事に真剣に向き合って努力をする事。
その結果は良いに越したことはないのですが、仮にそうでなかったとしても、その努力はその人の力になっていくんですね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

「発表会に参加して良かったです。無事に演奏出来てほっとしました」
「お友達の演奏のこういうところに感激した、と子供が言っています。今までにはなかったことです」といったメールや言葉を今年も沢山のお母様からいただきました(#^.^#)

ピアノを上手に演奏出来るようになるには、地道な練習を避けては通れません!
練習を重ねていくうちに、「あれっ?今まで難しいと思っていたところが簡単に弾ける!」と感じられるようになります!
気長に取り組まないとね(*^_^*)

また来年の発表会に向けて日々の練習を頑張っていきましょうね。
第7回プログラム

2019年06月12日 [レッスン]
♪手作り教材――五線譜と音の名前――をホワイトボードとマグネットで作りました♪

楽譜がきちんと読めるようになるためには一つずつ決まっていることを覚えていかなくてはなりません。
その中で最初に苦労するのが五線譜上にある全ての音符がすぐに読めるようになる!ということ。

五線譜を見ると「線」が5本。線と線の間の「間」が4つ。おまけに五線からはみ出した場所は加線という線が何本も出でくるし、ト音記号だけじゃなくてヘ音記号もあるし。。。。

ト音記号の五線譜の真ん中の線が「シ」だから、えーっと、とひたすら「線」と「間」を数えて「分かった、ソだ」と一音一音を数えているようではすごく時間がかかってしまい、なかなか楽譜を見て直ぐにピアノを弾くところまで到達しません。
そのうち楽譜を読むことが面倒になり、苦痛になり、楽譜に音の名前を書きたくなる。という具合。

「音符カード」という単語帳のように表に五線譜と全音符がひとつ、裏に音の名前が書いてあるカードがあって、それを使って分かるようになる人もいるけど、それを使ってもなかなか苦手な人も。
ひたすら五線譜上の音符だけを回答していく計算ドリルのような問題集もあるけど、結局それもいちいち数えていてはあまり効果が見られず。。

そもそも図形をどう見るかという感覚なのか、苦労しないで分かる人もいるので、本当に不思議ですが。。。

見た瞬間に分かるようになるためには。。。
実際に自分で五線譜上に音符を置く。置いてある(書いてあると同義)音符を読むという両方のアプローチを繰り返すといいのではないかと思い作ってみました。

先々週から使用した感じではなかなか好評°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
ゲーム感覚で出来るのか楽しそうです。

ひと月くらい使ってみたら劇的に読めるようになった!ってなるといいね♡

みんな、頑張って(*^_^*)
手作り教材

PageTop