榊原いずみ音楽教室のブログ | 吉川市のピアノ教室ー榊原いずみ音楽教室

榊原いずみ音楽教室
ピアノが弾ける喜び感じてみませんか
ブログ
2020年11月30日 [レッスン]
発表会が終了し、その週のレッスンはお休みでした。
「レッスンがお休みだと伝えると『どうしてお休みなの?ピアノに行きたい!』とレッスンに来る日を楽しみにしていました」と今年初めて参加した生徒さんのお母様。
そして嬉しいことに、発表会前より更に練習する様になったそうです。

他にも「小さいうちに貴重な経験をさせていただいて、本当に良かったです。ありがとうございました」というお声もいただきました。

今年は来れなかったけれど毎年聴きに来てくれていたお友達のママに、発表会での映像を見せたら「去年とは全然違う、上手になったね」と褒めてもらえた生徒さんも😊

何回も参加している生徒さんも達もそれぞれ一年間の努力の成果を感じることが出来たようです。

みんな本当に頑張ったからね✨

目標に向かって出来る限り努力する!
大切な事だと思います。

今みんなが感じている気持ちはこれからまた新しい曲を練習していくうちに難しいな、練習するの嫌だな、という気持ちに変わっていくこともあります。
それは当然な事です。

そういう事を繰り返して、一歩一歩前進していきましょう✨

一回り成長したという喜びの声が沢山聞けた発表会後のレッスンでした😊
シクラメン

2020年11月17日 [レッスン]
11月15日、ピアノ発表会が無事終了しました。

出演者の皆様お疲れさまでした。
そしてご来場の皆様ありがとうございました。

今年度の発表会は当初8月の予定が新型コロナウイルス感染拡大により一旦中止となり、再度会場を探しての開催という生徒の皆さんにとっては待ちに待った発表会でした。

先週から急にコロナウイルス感染者の増加が報じられ、開催出来る事を祈るばかりでしたので、無事に終了する事が出来てほっとしました。

前回のブログで席の規制が無くなったことは書きましたが、さらにピアノ演奏時はマスクを外しても良いことに✨
勿論、演奏前にはしっかり手を消毒し声は出さない等、感染防止には万全の対策で臨みました。
お母様達と「何年かしてコロナが落ち着いたら、そう言えばマスクをして演奏したよねとビデオを見て言う日が来るのかしら...」と話していたところだったので、晴れの舞台でちゃんと顔が見える状態で演奏出来たことをみんなとても喜んでいました。

演奏はそれぞれが納得いくものだったと思います。
スタートダッシュが遅れた人もラストスパートで頑張りました!(^^)!
今年初めて参加した子達も慣れない雰囲気の中、落ち着いていつも通りにちゃんと演奏出来ました(^^♪

そして常々私がみんなに言っている「音楽を感じて演奏する」という事が、発表会を経験する毎に表現出来るようになっているなと舞台袖で聴いていて大変嬉しく思いました✨

来年度の発表会に向けて、また頑張っていきましょうね(#^.^#)

プログラム

2020年10月25日 [レッスン]
発表会を行う松伏町中央公民館から昨日、10/11改定の新しいガイドラインが送付されて来ました。
詳細は今月末の打ち合わせで明確になりますが、何より来場者数の制限が取れたことが一番の朗報です✨
もちろん来場者の氏名、緊急連絡先は把握し、感染者が発生した場合は必要に応じて来場者の情報を保健所へ情報提供することを事前に周知することにはなっています。

以前のガイドラインでは、使用可能な席が横2席、前後が1席空いていました。
来月から入会予定の生徒さんもご家族で発表会を聴きに行きたい!との希望だったのですが、幼い兄弟が保護者と並んで座れないのでは無理です。。。と諦めていました。

主催者としても、席が限定されると前の方の席の争奪戦にならなければいいなと案じていたので、一安心です!(^^)!

せっかく緩和された新しいガイドラインに沿って無事発表会が開催出来るように、一層日々のコロナ対策に努めようと思います😊
五線と音符

2020年10月10日 [レッスン]
発表会まであとひと月と少しになりました。

先週は9月5週目でお休みだったので、今週は2週間振りのレッスンでした。

大半は「あと1ヶ月しかないんだからね‼」という叱咤激励に応えて練習を頑張ってくれましたが、残念ながらまだエンジンがかかっていない人も。。。

指導している側としてはあと1ヶ月しかない!という切実な思いを、悠長に構えてる人にどうやったら伝える事が出来るのか、毎回悩むこの時期です。

幼稚園児の時から教えて中学生までは発表会に出演していた生徒さんが高校生になり、もう発表会に参加しなくなった時にその事について話したことがあります。

「発表会の練習は先生が厳しくなってきて怖くなり出したらヤバイ!ヤバイ!と思って練習してた😅
でも楽しかった。懐かしいな😊」

1曲、もしくは2曲を人前で演奏出来るレベルにまで完成させるという事はそれなりの努力とそれにかかる時間、決心が絶対必要です‼
そういう姿勢で臨むからこそ達成感や充実感が得られるのであって、努力を抜きに弾けるようにはなりません。

目標に向かって努力する!

これから先、何かにつまずいたり大変な事があったりした時に、ピアノの発表会前の練習をあれだけ頑張ったんだから頑張れるはず!と自信にもなるはずです。

だから、今は辛いだろうけど頑張ってね😊
自分で弾きたい!って思ったんだから。
やれるはずよ😊

そして順調な出来上がりの人は今の調子で頑張っていきましょう👍

写真はグラニー編みのカバー。
ローズガーデンにいるような色合いが気に入っています🍀
グラニー編み

2020年09月25日 [レッスン]
以前のブログでも触れましたが、3歳児や4歳児にとって、ピアノのレッスン中、同じ箇所を何回も弾くということはとても大変な事です。
中には集中力を持続出来る人もいるけれど、大半は途中で飽きてしまいます。
飽きてやっている状態の練習は殆ど身に付きません。
やはり、今何を練習しているか!という意識を持って取り組むことが大切です。

そこで使用しているマグネット✨
とても好評です✌
1回弾いたら好きなマグネットを1番から順番に貼る。
この作業は一度ピアノの鍵盤から手を離すので手のポジションも一度リセットされ、新たに次の1回を弾く事が出来ます。
「レッスンの時と同じ方法で自宅での練習にシールを貼る事を導入したら、格段に練習するようになりました」というお母様の声もいただいています😊
その生徒さんの楽譜は沢山のシールの厚みで盛り上がっています。

そして、
「新しいのがないね。。。」
という声に応えて先生、紙粘土で頑張って作ったよ✌
今週のレッスンでは新作のブルーのと黄色のドーナツを綺麗に並べてくれました✨
小さい生徒にとっては楽しみのようです😊

マグネット

2020年09月12日 [レッスン]
今月から入会してくれた3歳のお友達。
お母様とも相談して、リトミックも加えてピアノのレッスンをすることになりました。
早速、拍子を感じながらのリズム打ちの為にカードを作成。
取り敢えず2拍子はネコとイヌ。3拍子はリンゴとピアノ。4拍子はニンジンとダイコンにしてみました。
ところが、英語も習っているからリンゴのカードを見た時は素晴らしい発音で「アポー‼」
「日本語だとリンゴだから、リンゴって言ってみて」と指摘すると「リンゴ」と言えるんだけれど、カードを見るとやっぱり「アポー‼」
身に付いているから瞬間的に出てきちゃうよね。
来週までにリンゴの代わりにバナナを作っておくね😊
ブロッコリーやパイナップルは休符の入ったリズム。
先ずは知っている言葉のリズム打ちから始めて音符や休符も打てるようにしていきます(^ ^)

先週初めてのリトミックのレッスンでは音の違いに合わせてのご挨拶。
カードを使ったリズム打ち。
音程に合わせて名前を呼ばれたら、同じ音程で「はあい」のお返事をする。
ドレミの階段を上って降りる(ドレミファソラシドを歌いながら鍵盤を弾く)等が出来ました✨
これから毎週、色んなことをやっていくから楽しみにしていてね。

そしてリトミックを楽しみながら、焦らずピアノも基礎からしっかりやっていきましょうね😊カード

2020年08月24日 [レッスン]
新型コロナの感染により延期を余儀なくされた発表会でしたが、11月15日、松伏中央公民館エローラで開催出来ることになりました😊

開催に当たっては全員マスク着用等の細かい使用制限があり、密を防ぐために客席は68名まで。当日の来場者全員の氏名、緊急連絡先を記入して名簿を提出等々。
明確なガイドラインが提示されているのが有難いです。

本来であれば、今月23日に開催予定であった発表会。。。
生徒さん達の発表会に出たい‼という強い思いが実現出来る方向になって私も嬉しく思うと同時にコロナ感染対策に力を入れなければ‼と気持ちを新たにしています。

そして、今教室では発表会に向けてみんな猛練習中です😊
猛暑の中、2学期も始まりみんな一生懸命頑張っています👏
例年、親子、兄弟同士の連弾の他、私と連弾をする生徒さんもいるのですが、今年は距離を取るという観点から連弾は家族のみに。。。
私との連弾を楽しみにしていた人や、今年はお友達同士で連弾してみようと計画していた人達。。
いつか、それも実現出来る日が来ると思うので、その分今回はソロの演奏を頑張りましょうね✨

写真はラベンダーのポプリ。
かれこれ10年以上前に買ったポプリをセット出来るレースのキット。
編み物は棒針から始めて、かぎ針では細い糸は編んだ事がなかったのですが、初めてレース糸を編んでみました。
慣れれば細い糸でも編めるものですね😊
前回のラベンダースティックとはまた違って、これはこれで癒されています🍀
ラベンダーポプリ

2020年06月27日 [レッスン]
レッスンが再開出来るようになり、ひと月が経ちました。
3か月間ずっとお休みしていた何人かの小さいお友達も、1週間、次の1週間と回を重ねる毎に徐々に感覚を取り戻せています✨

「ピアノを弾くことを忘れないように、合格した曲を弾く程度の事しか出来なくて」
「時々練習はしていたんですけど。。。あんまりしていないと言う方が正確です」
「レッスンが再開になって、本当に良かったです」
と言うお母様達の声。

時々弾いていたから忘れずにいられたし、頑張ったね。みんなえらいよ👏

指を動かすことは忘れていなくて、どちらかというと楽譜の読み方。五線譜上の音の名前や音符の長さ、そういう方が忘れちゃうのね。
でも大丈夫。ちょっと復讐すれば、すぐに思いだせるから😊

ピアノを始めて、まだ1年も経っていないうちに、レッスンに来られなくなるなんて。。。こんな事思ってもみなかったよね。

そして、発表会が無くなったからと、すっかりやる気をなくしていた生徒さんも、3週目、4週目になると
「今日のピアノは楽しかった〜😊」と帰りの車の中で言っていたそうです✨
良かった😊
それを聞いて私も一安心😊

みんなそれぞれに自分のペースを乱されたよね💦
この大変な経験も必ずプラスにしていきましょうね。

写真は緊急事態宣言中に進んだサンボンネットスーちゃんのアップリケキルト。上の4枚が追加されました。

巣篭もり中、ひたすら針をチクチク。
私にとって、編み物やパッチワークは心を穏やかにしてくれる大切な存在です😊

好きな事があるって幸せです✨

みんなにもピアノが楽しい❣と思ってもらいたいです😊

キルト

2020年06月12日 [レッスン]
緊急事態宣言が解除され、当教室も6月から通常レッスンを再開しました。

オンライン上のレッスンでは会っていたけれど、やっぱり実際に対面してレッスンが出来るのはとても嬉しいことでした(*^_^*)

中には丸3か月振り!だった小さな生徒さんもいて。。。
「久しぶりね。元気だった?」の挨拶から始まりいざレッスンを始めると、3か月のブランクも感じることなく今まで通りにレッスン出来ました☆彡

「時間が沢山あったから、普段より沢山ピアノの練習をしていました(#^.^#)」
という声が一番多かったのですが、残念なことに
「8月の発表会がなくなったから、がっかりして全然やる気がなくなった・・・」
という人も・・・
「生活が変わって殆どピアノを弾かなかったけど、元の生活に戻ったからまたピアノも頑張りたい」
という生徒さんもいました。

突然生活の変化を余儀なくされ、みんな、それぞれに思うことがあったようです。
そうだよね。。。。。
お母様達からも様々な声が寄せられましたが、共通していたのはレッスン再開を喜ぶ声でした✨

みんなが楽しみにしていた発表会は、今後ホールの利用状況を確認し、開催できる方向で考えています!

利用に関しては、まだ公表していないホールもありますが、すでに発表されたホールでの制限付き利用では、利用者の人数制限。演奏者も客席も全員マスク着用。客席は2メートルの間隔を取る。ホール内に入る全員の氏名、住所、電話番号を記入した名簿の提出等、10項目の制限が設けられていました。

今後どういう生活になっていくのか全く見当もつきませんが、出来る範囲で出来る最善の方法を考えてみんなで頑張っていきましょうね。
ピアノと子供

2020年05月10日 [レッスン]
今月も4月に引き続き緊急事態宣言は解除されず。。。

8月23日に予定していた発表会も残念ながら開催を見送らざるを得ない状況になりました。
八潮メセナホールからも9月31日まで、使用できない旨の連絡がありました。

4月は動画のやり取りでレッスンを行っていましたが、アプリを導入してのオンラインレッスンのご希望があり、今月からは2通りのレッスン形態を取っています。

先週は1回目のアプリによるオンラインレッスンでした。
何せ私も初めての事なので、友人のピアノの先生と何度もシミュレーションを重ね、生徒さん達ともお試し繋ぎを行い準備万端にして臨みました。

画像がたまに、1~2秒くらいフリーズすること。
1度だけ「低速モードです」との表示が出て、一瞬遅いかな?と思うことがあったこと。

その2点はありましたが、音は全く問題なく聴こえました。
回線の状態によるのだと思いますが、イメージしていたよりは良い状態でレッスンを進めることが出来ました。

動画のやり取りとは違い、弾いているその場で注意を指摘できることはやはり助かります。
そして、聞き洩らさないようにしようと思うのでしょう、みんなとても集中していました✨
通常のレッスンとは勿論違いがあるので、通常30分のレッスン時間を45分に延長して行ったのですが、45分間集中が途切れなかったのはすごい!と思いました。

1か月、2か月単位でレッスンが出来なくなったことは長い講師生活でも本当に初めてのことですが、何らかの方法で少しでもレッスンを続けられることは、やはり科学の進歩に感謝せざるを得ません。

もし30年前にこのような状況になっていたら、何もなす術がなく途方に暮れていたのだろうと思います。

6月からは通常のレッスンが再開されることを祈って、今は出来る範囲で出来ることを着々とやっていきたいと思います。

みんな!
頑張ろうね(*^_^*)
piano

PageTop