榊原いずみ音楽教室のブログ | 吉川市のピアノ教室ー榊原いずみ音楽教室

榊原いずみ音楽教室
ピアノが弾ける喜び感じてみませんか
ブログ
2019年06月12日 [レッスン]
♪手作り教材――五線譜と音の名前――をホワイトボードとマグネットで作りました♪

楽譜がきちんと読めるようになるためには一つずつ決まっていることを覚えていかなくてはなりません。
その中で最初に苦労するのが五線譜上にある全ての音符がすぐに読めるようになる!ということ。

五線譜を見ると「線」が5本。線と線の間の「間」が4つ。おまけに五線からはみ出した場所は加線という線が何本も出でくるし、ト音記号だけじゃなくてヘ音記号もあるし。。。。

ト音記号の五線譜の真ん中の線が「シ」だから、えーっと、とひたすら「線」と「間」を数えて「分かった、ソだ」と一音一音を数えているようではすごく時間がかかってしまい、なかなか楽譜を見て直ぐにピアノを弾くところまで到達しません。
そのうち楽譜を読むことが面倒になり、苦痛になり、楽譜に音の名前を書きたくなる。という具合。

「音符カード」という単語帳のように表に五線譜と全音符がひとつ、裏に音の名前が書いてあるカードがあって、それを使って分かるようになる人もいるけど、それを使ってもなかなか苦手な人も。
ひたすら五線譜上の音符だけを回答していく計算ドリルのような問題集もあるけど、結局それもいちいち数えていてはあまり効果が見られず。。

そもそも図形をどう見るかという感覚なのか、苦労しないで分かる人もいるので、本当に不思議ですが。。。

見た瞬間に分かるようになるためには。。。
実際に自分で五線譜上に音符を置く。置いてある(書いてあると同義)音符を読むという両方のアプローチを繰り返すといいのではないかと思い作ってみました。

先々週から使用した感じではなかなか好評°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
ゲーム感覚で出来るのか楽しそうです。

ひと月くらい使ってみたら劇的に読めるようになった!ってなるといいね♡

みんな、頑張って(*^_^*)
手作り教材

2018年09月07日 [レッスン]
2018年9月2日(日)
第6回ピアノ発表会が終了しました。

出演者の皆様、本当にお疲れさまでした。
ご来場の皆様、どうもありがとうございました。

今年は、初めての参加となった生徒さんが多く、慣れないことに多少の心配はあったようですが、当日はみんな堂々と楽しそうに演奏出来ていました✨

生徒さんを舞台に送り出した後は、私に出来ることはひたすら「頑張って♡」と祈ることのみ。
それぞれが自分の音楽を奏でているのを聴きながら何か月も真剣に取り組んでいたみんなの姿が目に浮かび、確実に成長したことを感じて大変嬉しく思っていました。

初めての親子連弾に参加されたお母様方からは
「親子で練習するのもとても楽しい時間でした。貴重な機会を頂きありがとうございました」とおっしゃっていただきました。

「直前のリハーサルでは良く弾けたのに。。。」
「いつもは絶対間違えないところで、つまずいたのが悔しい。。。」
終了後にそう言っていた生徒さん達もいました。

そうなのよね。先生も何度その思いを味わってきたかわかりません!
確かに悔しいけれど、でもその感情を噛みしめてまた次回、頑張りましょう。
今回とてもよく弾けた人も、自分で納得がいく演奏が出来なかった人も、努力の成果は確実にステップアップに繋がっているからね(*^_^*)

今週はよく休んで、また来週から頑張っていきましょうね☆彡

プログラム

2018年07月02日 [レッスン]
発表会まで、あと2か月になりました。

順調に曲が出来上がりつつある人達はこのまま頑張っていきましょうね♪

大変なのは今の段階でそうではない生徒さん達。
一生懸命頑張っているのに、なかなか弾き上がらなかったり、
連弾に選んだ曲が難しくて、曲を変えて必死に新しい曲の譜読みに取り組んでいたり、
「いい加減、本気にならないと間に合わないよ」と言われて、やっと重い腰を上げ始めたり。。。

今が一番、苦しい時期ですね。
弾けると楽しいけど、弾けるようになるまでは苦しいのよね。

こういう時の感情表現もみんなそれぞれです。

みんなが頑張っているのは充分わかるよ(#^.^#)
ここを乗り越えたら、ステップアップ出来て色々な意味で成長できるからね。
努力は必ず報われるし、弾けた時の達成感は努力した人だけが味わえる貴重な経験です✨
だから自分を信じて頑張って(*^_^*)

先生は叱咤激励して、見守るしかありません。

次回ブログを書く頃には、みんなが笑顔で弾いてくれていることを祈っています♡

あと2か月、早々に梅雨が明け厳しい猛暑の中、くれぐれも体調に留意していきましょうね(^^♪

ピアノを弾く(=^・^=)

2018年06月11日 [レッスン]
この4月に中学生になった生徒さんのヴァイオリンの発表会を聴きに行きました。

昨年6月に聴きに行った時のことはこのブログにも書きましたが、あれから一年経ったんですね。本当に早いものだと思います。

今年の曲は「見上げてごらん夜の星を」でした♪
誰もが知っているポップスの王道の曲で、メロディーを美しく歌い上げることはとても難しいと思いますが、しっとりと綺麗に奏でていました✨

土曜日の午前10時開演で、自分の演奏が終わったら部活の練習に行くとのこと。すごい!

中学生になり勉強も大変になる中、体育会系部活に励み、ピアノとヴァイオリンも続けています。

「いつ練習してるの?」との問いには
「土日」との答え。

そうよね。部活は朝練もあるから朝は早いし、平日の夕方は部活とレッスンに通うのでいっぱいいっぱいよね。

そんな忙しい中、ピアノもヴァイオリンも好きで続けてくれて本当に嬉しく思います(*^_^*)

昨年は半ズボンで舞台に立っていたけれど、今年は制服の長ズボン姿でした。
その姿を見て成長したんだなと、改めて思いました。

ピアノを教えることで、長く生徒さんと関われるのはとても幸せなことだと思います。
生徒さん達から私も沢山のパワーをもらっています(#^.^#)

さぁ、ヴァイオリンの発表会は一段落したから、今度はピアノの発表会に向けて頑張りましょうね。
小学生の男子生徒さん達も、目標にしているからね☆彡
ヴァイオリン

2018年04月26日 [レッスン]
榊原いずみ音楽教室では、「体験レッスン」を行っています。

幼稚園生やそれより小さい子の体験レッスンでは、
まず最初にご挨拶をきちんと交わします。
それから、音に「ドレミファソラシド」という名前があること。
音符というものがあって、それぞれ長さが決まっていること。
その音符が書いてある楽譜というものがあって、それを見てピアノを弾くこと。
右手と左手の指にも番号が決まっていること。
などを説明します。

次に、四分音符と四部休符を使ったリズム打ちをしてみます。

そして、実際にピアノを弾きます♪
鍵盤の「ド」の場所を覚えて
「ドレミファソ」「ソファミレド」を弾いたり、音符の長さに合わせて「ド」の音を弾いたりしてみます。
この時に、幼稚園で習ったりテレビで覚えた曲を弾いてくれるお友達もいます(^^♪

そして最後に「ドレミファソラシド」の音と「ドミソ」「シレソ」の和音を聴いて復唱します。

経験者の体験レッスンでは、使用している楽譜を持ってきてもらっています。

先日も年長さんの女の子が体験レッスンに来てくれました。
来月から一緒にレッスンすることになりました(#^.^#)

体験レッスン中、とても楽しそうで目がキラキラと輝いていました✨

今の気持ちがずーっと続くように、先生もお手伝いするから頑張ってね(*^_^*)


ピアノ・うさぎ

2018年04月16日 [レッスン]
先週は学校の新年度がスタートし、生徒さんの色々な声が聞けました(*^_^*)

中学生になった生徒さんからは
「もうとにかく自転車通学が大変!!!、下校の時、校門を1台ずつしか出られないから、混雑しちゃってものすごく時間がかかる!」
「明日、早速テスト!」
「明日から部活巡り」
といった声が。。。
中学生は大変よね。。。
頑張って~♡

小学校に入学したお友達はとても楽しい様子で、みんなニコニコ☆彡
進級した生徒さんはそれぞれに春休みを楽しんだようでした。

みんな、新しい環境に早く慣れて、学校生活楽しんでね(*^_^*)

さて先週教室では、今年初めて発表会に出場する生徒さんの曲決めを行いました。

初めて発表会に出場する生徒さんの選曲の方法は、まず2,3曲私が選んだ曲を弾いてみて、その中で生徒さんが一番弾きたいと思う曲に決めています。
出場の回を重ねてきたら、自分の弾きたい曲を出してもらって決めることもあります。

今回はみんな私の選んだ曲が気にいったみたいで、
「どっちも好きだからどうしよう」と悩んだお友達。
「これがいい!」と即断できたお友達。
それぞれでしたが、曲が決まってとても嬉しそうでした✨

連弾で初めての参加となるお母様方も
「久しぶりだから大丈夫かしら?」と言いつつも、お子さんとの連弾を心待ちにしているようでした。
親子での連弾は、とても素敵な思い出になりますから楽しみに頑張って下さいね(^^♪

ゴールデンウイークが終わったら、全員発表会の曲の練習に入ります♪

頑張りましょうね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

桜と鳥

2018年03月25日 [レッスン]
榊原いずみ音楽教室ではピアノレギュラーレッスンの後に、ご希望の生徒さんにソルフェージュレッスンを行っています。

「ソルフェージュ」とは「楽譜を中心とした音楽理論を実際の音に結び付ける訓練」ということなのですが、音楽高校、音楽大学などで入試の科目になっています。

当教室ではソルフェージュの中の「聴音」と「新曲視唱」を主に行っています。

ピアノの最初のレッスンでは、まず鍵盤の「ド」の場所を覚え、その場所が楽譜にはどういう様に書かれているかを説明します。
それから音符の長さや音の高さ、リズムや拍子などを、一曲ずつ弾きながら楽譜が読めるようになっていきます。
そうやってある程度楽譜がスラスラ読めるようになっても、反対に、聴こえた音を楽譜に書き取るにはまた別の勉強が必要になってきます。

「聴音」というのは音を聴いて楽譜に書き取ることです。
まず、音程が正しく聴こえること。
そして、楽譜の書き方の決まりを覚えていなくては書けません。

ピアノが大好きで「聴音」も頑張っている小学4年生の○○君。
読譜はバッチリだし、音もリズムも取れているんだけど、楽譜にするのがなかなか大変!
お母様の話では、よく自分で作曲した曲を聴かせてくれるとのことだったので、
「じゃあ、先生が弾く曲を聴いて書き取るより、自分で作曲した曲を楽譜に書いてみようよ」
ということで、早速次の週に書いて持ってきてくれました。

素敵なタイトルで、なんと両手で弾く曲✨
自作自演で弾いてもらうと、「あらっ、ちょっとそこ楽譜と違うよね。」という箇所がところどころあり、その違いを自分で考えることが出来て、少しずつ楽譜の書き方が分かってきたようです。

大好きなピアノと同じくらい大好きになった「作曲」
今までは、自分で覚えていた曲を「楽譜」にすることが出来るようになって、本当に嬉しそう✨

この調子で「聴音」も「作曲」も「ピアノ」も頑張っていきましょうね(*^_^*)
ピアノと男の子

2018年03月17日 [レッスン]
先日、高校の音楽科のピアノ専攻に合格した生徒さんとお母様がご挨拶に来て下さいました。

2人とも満面の笑顔で、明るい日差しの中でより一層輝いていました✨

ピアノを始めた時から今までの10年来の出来事や共通の知人の話でひとしきり盛り上がりました。
それから音楽科の授業内容を説明し、入学までにやっておきたい勉強方法を伝えました。

受験に受かった喜びを噛みしめつつ、早速もう次のステップに向かって踏み出さないとね(*^_^*)
今頃、勉強してくれているかな?

講師歴も長くなってきましたが、ピアノや音楽を教えることを通して、私も沢山の勉強をさせていただいています。
同じことを伝えるにしても、生徒さんひとりひとり、本当に個性が違うので、どういうアプローチがその人にとって一番いいのかを模索し、それぞれの目標や希望が叶うような指導ができるようにと日々、勉強です。

夢を叶え、巣立っていった生徒さん✨
毎週会えなくなるのは寂しいけど、今まで以上にピアノを究める決心をしてくれたことは、私にとって大変嬉しいことです。
発表の舞台は是非聴きに行くから、頑張ってね♡

桜の開花予報を目にするようになってきました。
春ですね✨
旅立ちと新しい出会いの季節♪

教室には新しいお友達が入会してくれました。

ピアノを始めたばかりの生徒さんが、ずっとピアノが好きでいてくれますように。
一緒に沢山のことを経験しながら、一歩ずつ進んでいきましょうね♡
桜とピアノ

2018年03月09日 [レッスン]
前回のブログで紹介した、高校の音楽科を受験した生徒さんの合格の吉報が届きました✨

本当におめでとう✨
頑張ったね!

あどけない幼稚園さんの時に、お母さんと一緒に教室に来た時の生徒さんの姿が蘇ります。
あれから10年!
いろんなことがありました。

初めての発表会はとても上手に弾けました(*^_^*)
でも回を重ねる発表会で毎回完璧というわけにはいかず、小学校低学年の時に連弾の部で緊張して分からなくなったこともありました。
それから発表会前に骨折して、ソロの部で演奏できなかったこともあったね。
レッスンでも、小学生の頃は私に注意されて何度も何度も泣きました。
中学に入ってからは、発表会と合唱コンクールの伴奏を頑張ったよね。
3年生では「伴奏者賞」を受賞できました✨

そして、音楽科を受験すると決心してからの彼女の上達ぶりには、目を見張るものがありました✨

お友達が習っているから私もというきっかけでピアノを始め、ずっとピアノが好きで続けてきて、高校では音楽科を選択するに至って。
指導者としてはこれ以上嬉しいことはありません。

これから先もずっとピアノと音楽と共に歩んで下さいね。

ずーっと応援してるよ(*^_^*)
合格

2018年03月03日 [レッスン]
先日は高校の音楽科を受験する生徒さんの受験前、最終レッスンの日でした。

発表会、コンクールなど人前で弾くということはなかなか普段通りというわけにはいかず、程度の差はあれ緊張を伴うものです。ましてや、入試なのですから緊張の度合いもマックスになりますね。

受験生の生徒さんは幼稚園児の時からレッスンに来ていることもあってか、私の前で弾く際は全く緊張しないとのこと。。。
そこで、2組の小学生とお母様にお願いして、聴いてもらう機会を設けました。

受験生の生徒さんからは
「緊張した~!!!聴いてもらって良かった」の声が☆彡

本当に良かったね。人前で弾けて(*^_^*)
緊張しながらも、とても良く弾けてたよ✨
自信を持って頑張ってね❤

そして、間近で難しい曲を上手に弾いているのを聴いた小学生2人にとっても、貴重な経験だったようです。

1人の生徒さんは、昨年夏からレッスンを始めてまだ発表会の経験がなく、上手な演奏を聴いてとても感動し、
「私も上手になってピアニストになりたい♡」
と言っていたそうです✨

もう1人の生徒さんも「上手!凄い!」と感激しきりで、お母様はすかさず
「あんなに上手に弾けるようになるには、沢山練習しなきゃね」
とおしゃったそうです(^^♪

今の自分のレベルの曲よりずっと難しい曲を、改めて目前で聴くチャンスは、なかなかないことですものね。

生徒さん達にとって良い機会となり、私も大変嬉しく思いました。

piano1

PageTop