榊原いずみ音楽教室のブログ | 吉川市のピアノ教室ー榊原いずみ音楽教室

榊原いずみ音楽教室
ピアノが弾ける喜び感じてみませんか
ブログ
2022年08月29日 [レッスン]
今月も終わりに近づいてきました。
今年の夏は本当に暑かったですね。
5月の気温も高く、6月末にはなんと猛暑日が。。。
季節がどんどん早く進んでいる気がします。。。

暑かった夏休み、発表会の曲を皆んな頑張って練習しました✨
だいぶ弾けてきた人。まだ半分くらいかなという人。
それぞれですが、やはり「発表会で演奏する」という目標があると取り組み方が全然違うなと感じました😊
これは年齢にかかわらず全員が思っているのがビンビン伝わってきました。

曲を仕上げる為にはテクニックを上げる、曲を感じて弾く、難しい箇所をスラスラ弾けるまで練習する等様々あります。
頭では分かっていても、これがなかなか一筋縄ではいきません!
弾いても弾いても変わらなかったり、上手に弾けていたはずのところが崩れてしまったり。。。
試行錯誤を繰り返して、ほんの少しずつ仕上がっていくんですね。
まさに地道な努力。。。決して楽な事ではありません。
でも、投げ出さずに頑張っているのが毎回のレッスンで伝わってきました✨

1曲に真剣に取り組むことがどれだけ大切な事か私も改めて感じました。
去年発表会が開催出来ず、そのチャンスがなかった事で逆に気付かされたように思います。
そう考えると当たり前のように過ごして来ている事がいかに有難い事か、改めて感謝しなくてはと思います。

そして先月入会した生徒。
先日のレッスンの後「ピアノ楽しい。ピアノ大好き✨」と笑顔で話してくれました😊
どんなことでも楽しいだけではなくて、辛かったり嫌になる事もあると思うけど、今のその気持ちを忘れないで続けて行きましょうね。

今日8月29日から吉川市の小中学校は2学期が始まります。
そして発表会まであと2か月!
目標に向かって、自分で納得のいく演奏が出来るように益々頑張っていきましょう!
インパチェンス

2022年06月06日 [レッスン]
先程関東地方の梅雨入りが発表されました。これから雨☂️の季節ですね。。。
さて「榊原いずみ音楽教室」では10月の発表会に向けて、小学校高学年の生徒達が発表会で演奏する曲の練習に入りました。
発表会迄には夏休みがあるので、普段通学している時よりは練習時間が確保出来るはず。
だから、7月に入ってから始めても間に合うんじゃない?とも話したのですが、やっぱり早く始めたい!と。
発表会を何回も経験して、1曲を仕上げるのに必要な期間を自分自身で考える事が出来るようになってきていて、成長したなぁと嬉しくなりました。

中学生の生徒は学校祭での合唱の伴奏が決まり、張り切っています!
思えば2年前の3月、新型コロナウィルによる緊急事態宣言で、6年生を送る会での合唱伴奏が決まっていたのに、行事が全てなくなり。。。
沢山練習して本番を迎える直前だっただけにとても悲しい思いをしました。
少しずつ、コロナによる規制も緩和され今年度は学校内での合唱コンクールも検討されているとの事です。

そして先月から、数名の生徒が「プレ・インヴェンション」に進みました。
メロディと伴奏という形式のホモフォニー音楽だけではなく、複数の声部がそれぞれの旋律を奏でるポリフォニー音楽を勉強する事はピアノを弾いていく上でとても大切な事です。
最初の方は音数が少なく4段くらいの短めの曲が多くて譜読みがしやすいので達成感もあるようです。
右手と左手の声部を自分で聴き分ける耳の鍛錬に加えて沢山のテクニックも習得できます✨

最後に先週の金曜日、ここ吉川市でも雹が降りました。晴天だったのがみるみるうちに真っ暗になり、バタバタという音と共に雹が降ってきました。
鉢植えの花が残念な事にダメになりました。
写真は植えたばかりの時の状態。大きくなるのを楽しみにしていたのですが。。。

大変な被害に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。
インパチェンス

2022年06月06日 [レッスン]
先程関東地方の梅雨入りが発表されました。これから雨☂️の季節ですね。。。
さて「榊原いずみ音楽教室」では10月の発表会に向けて、小学校高学年の生徒達が発表会で演奏する曲の練習に入りました。
発表会迄には夏休みがあるので、普段通学している時よりは練習時間が確保出来るはず。
だから、7月に入ってから始めても間に合うんじゃない?とも話したのですが、やっぱり早く始めたい!と。
発表会を何回も経験して、1曲を仕上げるのに必要な期間を自分自身で考える事が出来るようになってきていて、成長したなぁと嬉しくなりました。

中学生の生徒は学校祭での合唱の伴奏が決まり、張り切っています!
思えば2年前の3月、新型コロナウィルによる緊急事態宣言で、6年生を送る会での合唱伴奏が決まっていたのに、行事が全てなくなり。。。
沢山練習して本番を迎える直前だっただけにとても悲しい思いをしました。
少しずつ、コロナによる規制も緩和され今年度は学校内での合唱コンクールも検討されているとの事です。

そして先月から、数名の生徒が「プレ・インヴェンション」に進みました。
メロディと伴奏という形式のホモフォニー音楽だけではなく、複数の声部がそれぞれの旋律を奏でるポリフォニー音楽を勉強する事はピアノを弾いていく上でとても大切な事です。
最初の方は音数が少なく4段くらいの短めの曲が多くて譜読みがしやすいので達成感もあるようです。
右手と左手の声部を自分で聴き分ける耳の鍛錬に加えて沢山のテクニックも習得できます✨

最後に先週の金曜日、ここ吉川市でも雹が降りました。晴天だったのがみるみるうちに真っ暗になり、バタバタという音と共に雹が降ってきました。
鉢植えの花が残念な事にダメになりました。
写真は植えたばかりの時の状態。大きくなるのを楽しみにしていたのですが。。。

大変な被害に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。
インパチェンス

2022年04月29日 [レッスン]
発表会の日程が決まりました!

10月30日(日)午後
八潮市民文化会館・八潮メセナホール

4月に入った段階でいよいよ決定しなくては、と両方のホールに確認を入れ、悩み抜いた末の決定となりました。

まず松伏町に確認したところ、現在4回目のワクチン接種券を5月末に発送する準備中との事。
エローラにも確認したところ、現段階では未定だが100%使用可能とは言えない。使用不可になった際、貸し出ししたお客様にはいつでも連絡出来るように電話番号のリストを用意しています。
という回答でした。

4回目のワクチン接種が考えられていて絶対に借りられる訳ではない、となれば諦めざるを得ませんでした。

八潮メセナホールもとても素敵なホールなのですが、コロナ禍の使用で連弾が不可なのが凄く残念です。3月末の会議でもその点を諮って下さったようですが、現状維持との結論になったようです。
ですが、それぞれの自治体の考え方もあると思うので、そこは仕方ないことだと思います。

生徒も日程が決まった事で、安堵している様子✨
去年開催出来なかったため2年ぶりの発表会になります。
今年は初めて参加する生徒も多く、楽しかった🥰と思える発表会にしていきたいと思います。




インパチェンス

2022年03月16日 [レッスン]
3月に入り発表会の曲決めも進み、4月以降、順次取り掛かろうね。と話していた矢先、先週末、厚生労働大臣の4回目ワクチン接種に関しての発言がありました!

慌てて、エローラに電話で確認して、今日解答をもらいました。

今の段階では、まだ具体的に決まってはいないものの、あまり芳しくないです。とのこと。。。

ワクチン集団接種が行われる際は使用不可になる、とは予約の際に説明を受けているのですが。。。
ダメになるのかな。。。と思いながら結果を待つのは辛いです。

ですが、今月の抽選で10月に八潮メセナホールの使用許可をとる事が出来ました✨
現時点ではメセナは連弾が不可なのが残念ですが、発表会が開催出来るだけでも有難いと思わなくては!と自分に言い聞かせています。

レッスンに同席されるお母様達に話すと、先生も大変ですね。と労ってもらいました😅

おそらく今月末か来月初旬には、はっきりする事と思われるので、決まったことを受け入れて前に進みたいと思います。

先ずはコロナに振り回されない日常に早く戻れることを祈って、自分達がやれる事、感染防止対策を更に徹底していきます!

写真はシクラメンの双子の蕾。毎年シクラメンを購入しているのですが、双子の蕾を見たのは初めて。この後しっかり咲きました🤗




シクラメン

2022年01月15日 [レッスン]
松伏町中央公民館のホール、エローラの8月の使用許可が取れました!

昨年度はワクチンの接種会場になり使用不可に。。。
結果、教室開講以来初めて発表会が開催出来ませんでした。

今年7月迄は引き続き使用不可で、8月から可能になるとの事。
ただし、今後更にワクチンの集団接種が行われる際は使用不可になる事もあります。
手続きに行った際に「祈るのでは弱いので念じて下さい!」と公民館の方に言われました。
そういう強い心意気で、教室での感染防止対策を確実にしていきたいと思います。

生徒やご父兄に話すと、みんな凄く喜んでいました✨
毎年発表会で演奏する!という目標を持って頑張っていたので、昨年度発表会がなかったのはとても残念な事のようでした。

そして今回は連弾も制限がありません✌️
一昨年は同居の家族に限るという制限があり、友達同士や私と弾く予定の生徒は泣く泣く諦める事に。。。
やっと連弾が弾ける!と喜んでいる姿を見る事が出来て私もとても嬉しいです😊

今のみんなの気持ちを大切に、今年も目標に向かって頑張りましょうね✨毛糸いちご

2021年09月29日 [レッスン]
今月から初心者の大人の方が入会されました。
お子さんが子供の頃習っていてピアノが自宅にあり、時間が出来たから始めてみたいとのこと😊

初心者の大人の方は久しぶりだったので、楽譜を選びに行きました。
対象の楽譜は何種類もあり、吟味の結果、これ!と思ったのがこの楽譜。

鍵盤に指を乗せた写真や正しい姿勢の写真。
楽譜の読み方、音符と休符の長さ、リズムの取り方。
拍子、奏法、繰り返し、速度、強弱記号や音楽用語など。
1冊の内容が濃くて、まず覚えたい事が隈なく網羅されています。
曲もキラキラ星、喜びの歌、ロングロングアゴー等聴いたことのある曲が殆ど。
今はいい楽譜が沢山出版されている事を再確認しました✌️

そして生徒さんは大変だけど凄く楽しい!と練習に励んでいます✨
新しい事を始めるのは確かに大変だけど、ワクワクしますよね✨

ピアノが弾けて楽しい‼️と思ってもらえるように私も頑張ります😊
楽譜

2021年09月01日 [レッスン]
8月26日、日本クラッシック音楽コンクール予選に小学1年生、小学2年生の生徒が出場しました。
無事予選通過となりました😊👏

客席の私は生徒達の前の出場者の演奏の頃からもうドキドキが始まり💦
演奏中は大丈夫、大丈夫!良く弾けてるよ!もう少しよ、頑張って!と心の中でエールを送っていました。

今回初めてのコンクール参加。
そもそも毎年楽しみにしていた発表会が今年度はコロナのワクチン接種会場になり開催出来なくなったことから、1曲にしっかり取り組むチャンスという事でコンクールに参加しました。
そして2人とも本当に努力しました💖

次の本選では通過出来る採点のラインがもっと厳しくなります。
「今こんなに喜んでいるのに、本選で通過出来なかったらショックが大きいかも」と心配しているお母様。。。

コンクールはどうしても結果を伴いますが、私は自分自身がステップアップする為のものだと捉えています。
真剣に取り組んだ時間はピアノのテクニックや表現力が向上するだけではなく、集中力のアップ、やり遂げる粘り強さ等様々な力が身に付いているはずです❣️

本選に参加するかどうかご家庭で検討した結果、2人とも参加する事になりました。

今回の課題点を踏まえ、より良い演奏が出来るように頑張りましょうね😊
コンクール

2021年08月06日 [レッスン]
6月、7月と2回に渡って調律をお願いしました。
昨年調律師さんが新しい方になり、全てお任せしてとても良い状態になっていたのですが、今年の2回の調律で本当に素敵なピアノの音になりました✨

2回目は調律師学校に通っている息子さんも一緒にいらして、お父さんが教えていらっしゃる姿がほほえましかったです。

そして、本来であれば今頃発表会を控えてラストスパートにかかっているはずだった今月。
来年は例年通りに発表会が開催出来ることを楽しみに、みんな普段の練習に励んでいます😊

8月末のコンクールに出場する生徒は追い込みに入りました!
オリンピック選手の活躍からも刺激を受けて、完成度が上がるように頑張ってくれる事と思います。

今月に入り、暑さもいよいよ本格的に。。。
「毎日暑いねー」と4歳の生徒に言ったら、
「夏だからね!」と明るく返されました😅

確かに‼
生徒からは、沢山の事を学ばせてもらっています❣
暑い、暑いと言っていないで先生も頑張るね😊


日々草

2021年05月12日 [レッスン]
音楽用語のカードを作りました。
読み方と意味の3枚セットです。

お教室で使用している「ぴあのどりーむ」では、新しく出てくる音符や記号、音楽用語はその都度説明されています。
そして、最後にそれらが『楽典』として纏められています。

前に出てきた音楽用語や記号を忘れていたらその『楽典』のページを見て確認したり、他にドリル教材でも学習しているのですが、なかなか覚えるのが大変です。

ヒントで「○○から始まる言葉だよ」と言うと、意味が全然違う言葉が出て来たり、自分で言葉を作っちゃったり。。。

カードにしてクイズ感覚で覚えられれば!と考えました。

今回はまず「ブルクミュラー25の練習曲」に出でいる音楽用語のカードを作ってみました。

使ってみて良さそうだったら「ぴあのどりーむ」の中の音楽用語や記号も作っていこうと思います。

五線譜上の音がすぐに分かるのと同じ様に、音楽用語や記号の意味も見てすぐに分かるようになりましょうね。
楽譜を正確に読めるようにする事は、ピアノを弾く上でとても大切な事ですよ😊



音楽用語カード

PageTop