榊原いずみ音楽教室のブログ | 吉川市のピアノ教室ー榊原いずみ音楽教室

榊原いずみ音楽教室
ピアノが弾ける喜び感じてみませんか
ブログ
2018年12月14日 [音楽]
12月7日、埼玉会館にランチタイム・コンサート「トルヴェール・クヮルテット with 小柳美奈子」を聴きに行きました。
「トルヴェール・クヮルテット」は日本を代表するサクソフォン四重奏団で、因みに「トルヴェール」というのは中世に北フランスで活躍した吟遊詩人のことだそうです。

曲目は、バッハ(須川展也編曲)の「G線上のアリア」、ボザの「アンダンテとスケルツォ」、いずみたく(石川亮太編曲)の「見上げてごらん夜の星を」、そして石川亮太の「ナポリ!ナポリ!ナポリ!」の4曲。

サクソフォンの四重奏を聴くのは初めての経験でしたが、高度なテクニックと完璧に息の合った演奏に感激している間に、たちまち50分が過ぎていきました。
ここ2年ほど前から管楽器のソロやアンサンブルを聴く機会が増えていますが、音色の華やかさはやはり独特のものだと思います。

後半の2曲からはピアノが加わり、特に「ナポリ!ナポリ!ナポリ!」は有名な数々のイタリア民謡やメンデルスゾーンの交響曲第4番の「イタリア」のメロディーが次々に出てきたりで、初めて聴いた長さ20分くらいの曲にも関わらず、本当に楽しめました✨

この埼玉会館ランチタイム・コンサートは今回で第37回だそうですが、前回の「NHK交響楽団メンバー&梯剛之」を聴きに行って以来すっかりはまり、次回3か月後のチケットも購入してきました。
一般的なコンサートは休憩を入れて2時間というのが多いのですが、素晴らしい演奏が50分間という時間に凝縮され、「良かった!もっと聴きたかったな!」と思う設定になっていると感じます。

お昼時に上質で素晴らしい1時間弱を超お手頃価格で堪能できて♡
その余韻に浸りながらゆっくりランチができて(#^.^#)
近場で素敵な形式のコンサートを楽しめることに感謝です✨


トルヴェール

2018年11月08日 [音楽]
10月28日、彩の国さいたま芸術劇場に「ダニエル・シュー ピアノリサイタル」を聴きに行きました。

前半がベートーヴェンのピアノソナタ第31番、バッハ(ブゾーニ編曲)のシャコンヌ。後半がショパンの幻想曲、シューマンのアラベスクと幻想曲というプログラム。

最初の曲、ベートーヴェンの31番のソナタは大好きな曲ですが、私にとっては「この演奏が好き!」という演奏に巡り会うことが少ない曲です。でも、今回はまさに大好きな演奏でした✨
落ち着いた深い響きの美音で奏でられ、全楽章を通しての構成も説得力があって、第3楽章のフーガの掛け合いと音の重なっていく美しさ、厳格さには心を奪われました。特に、低音が素敵✨
続くシャコンヌも立体的に構築された美しさが際立っていました。途中「お願いだから演奏が終わらないで」と思ったほどです。

後半のロマン派の曲も落ち着いた美音が心地よく響いていました。
私はしっとりと落ち着いた演奏のショパンやシューマンの曲が好きなので、心洗われる貴重な時間でした。

細部まで神経が行き届いた成熟した演奏の中に力強い若さも感じられ、そして笑顔が素敵な21歳。
すっかりファンになり、これから機会がある度に聴きに行きたいと思いました。

彩の国さいたま芸術劇場の「ピアノ・エトワール・シリーズ」も今回で35回目。
2007年に1回目のラファウ・ブレハッチを聴いて以来、何人ものピアニストの演奏を楽しんでいます。
とても素敵なホールで近いこともあり、早速来年2月の清水和音さんのリサイタルのチケットも購入してきました。
今から楽しみです(#^.^#)
ダニエル・シューリサイタル

2018年10月01日 [音楽]
9月21日、東京オペラシティに「小菅 優 ピアノリサイタル」を聴きに行きました。

昨年の秋から4つの元素「水・火・風・大地」をテーマにしたリサイタルシリーズ「Four Elements」を始めたそうで、今回はその2回目の「Fire」。

チャイコフスキーの「四季」の中の「炉端にて」に始まり、レーガーの「暖炉のそばの夢」より5曲。リストの交響詩「プロメテウス」。休憩後にドビュッシーの「燃える炭火に照らされた夕べ」と「花火」。もう一度休憩をはさみ、ファリャの「恋は魔術師」から「きつね火の歌」「火祭りの踊り」。ストラヴィンスキーのバレエ「火の鳥」より8曲というプログラム。

初めて聴く曲もあり、また「火」をテーマにした曲だけで構成された斬新なプログラムを楽しむことができました。

とても深い楽曲解釈と高度なテクニックは4年前に初めて演奏を聴いた時と変わらず、「小菅 優ワールド」に会場が包まれているように思いました。

コンサートに足を運ぶ目的は、演奏が好きだから、プログラムが好きだから、勉強のため等いろいろあることと思いますが、今回「ワールド感を味わうため」という人もいるのではないかと思いました。

一緒に行った友人に「村上春樹の小説みたいな感じがする」と言ったら、「そうかな?」と言われ、やはり人それぞれ感じ方が違うのだなと。それがまた楽しいのだなと思いました。

厳しかった猛暑も過ぎ、リサイタルに出かけることも楽しみな季節になってきました。

自分が楽しく心地よいと感じられる時間をなるべく沢山作って、また日々のレッスンに励みたいと思いました✨

小菅優リサイタル

2018年09月25日 [音楽]
9月11日、埼玉会館にランチタイム・コンサート「NHK交響楽団メンバー&梯剛之」を聴きに行きました。
梯さんの演奏も室内楽を聴くのも久しぶりだったので、楽しみに出かけました。

モーツァルトのピアノ四重奏曲第2番第1楽章に始まりシューベルトの弦楽三重奏曲。
そしてピアノソロが2曲。ショパンのバラード1番とノクターン2番。
最後がシューベルトのピアノ五重奏曲「ます」の第1楽章と第4楽章というプログラム。

室内楽はオーケストラとは違い、それぞれの楽器の旋律、音色がクリアに聴き分けられ楽器同士が会話をしているかのようなところが魅力のひとつだと思います。
1曲目のモーツアルトからどっぷりと室内楽の魅力につかることができました。

有名なショパンの2作品はやはり素敵で、以前聴いたときにも増して円熟された美しさだと思いました。

そして最後の曲「ます」
第1楽章冒頭のまさに小さな川のせせらぎを駆け上がる鱒の姿が見えるようなピアノの旋律が私は大好きなのですが、梯さんのピアノはきらきらと美しく柔らかく輝いた音で心が洗われました。
「ます」は第4楽章に有名な歌曲「ます」の主題とその変奏があることから「ます」と言われているようですが、私には第1楽章冒頭から川がイメージされます。
それにしてもシューベルトのメロディーの美しさは、限りなく美しいとでも表現する以外言葉がみつからない。。。と思いながら、その美しさを表現している演奏者の方々に感服しながら聴いていました。

ヴァイオリンの白井さんのMCもとても楽しく、上質で凝縮された1時間を堪能した後は、心地よい余韻に浸りながらゆっくりランチができて、素敵な1日を過ごすことが出来ました✨

コンサート

2018年01月23日 [音楽]
前回のブログでも紹介した、パパのトランペットの伴奏を頑張っていた小学6年生の生徒さん。
先日管楽器のコンテストが行われ、私も楽しみに会場に出かけました。

彼女がピアノを始めたのは幼稚園年中さんの時。
お父様がトランペットを演奏なさる方で、その時から「娘の伴奏で一緒に演奏するのが夢」と伺っていました。
そして、機は熟してお父様の念願の夢が叶う日がやってきました!

曲は「トランペットラブレター」
広大で華やかで、かつせつなく、心に染み入る美しい曲です。
伴奏はかなり難しく、テクニック的には右手の3和音、4和音による跳躍、左手も跳躍が多いのが大変。そして何より和声の中でメロディーを歌い上げることが要求されます。
彼女はとても音楽を感じて歌える生徒さんなので、そこはバッチリです(*^_^*)

お父様もご一緒にいらして2回レッスンさせていただきました。
1回目より2回目の方が、断然息が合って上手になっていてびっくりしました。
2回目のレッスンの後、「中学生になったら忙しくなって、もう僕の相手はしてもらえないと思うんで。。。」と寂しそうなお父様のご様子が印象的でした。

会場はさいたま芸術劇場の小ホールで、厳かな雰囲気漂うなかで一般・大学生の部が始まりました。
5名の出場者の中で、生徒さん以外の伴奏者は全員大人の方々。
親子での演奏は一組だけで、とても微笑ましくて素敵でした。

演奏終了後は二人ともとびきりのいい笑顔で、
お父様は「娘との幸せな時間が楽しめてとても嬉しかったです」とおっしゃっていました。
その笑顔を拝見して、私もとても幸せな気持ちになりました。

これからもピアノ頑張って、お父さんの伴奏も続けましょうね✨
トランペットとピアノ

2017年10月31日 [音楽]
10月28日、萩原麻未ピアノ・リサイタルに行って来ました。
演奏会場は川口リリアホール。

初めて聴いたのが2014年6月で、その光を集めたように柔らかくて澄んだ音色と抜群のテクニック、そして何より暖かく喜びを与えてくれるワールドにすっかり魅了され、今回もとても楽しみに出かけました。

前半はショパン=リストとリスト。
後半がドビュッシーの前奏曲集1巻全曲の組み合わせ。

最初の「6つのポーランドの歌」の1曲目「乙女の願い」でのマズルカのリズムが素晴らしく、今回もすぐに惹きつけられました。
有名な「愛の夢第3番」「ラ・カンパネラ」はフランスものを聴いているような感じ♪
「パガニーニによる大練習曲」の中では「狩り」が素晴らしく、主題で出てくるホルンを模した音がとても素敵でした。

そして後半のドビュッシーが秀逸✨
前奏曲集は色々な方の演奏を聴いていますが、弱音の出し方、いかにもフランス音楽らしさを醸し出すテクニックは皆さん素晴らしくても、聴く側にすんなり入ってくる演奏と何か入ってこない演奏があるように感じています。
萩原麻未さんの前奏曲集は色彩が様々に変化していくようなテクニックはもちろんのこと、1曲1曲にとても説得力があり、柔らかく煌めいた音楽が心地よく心の中に入ってきました。

アンコール曲はドビュッシーの「小さな黒人」と「月の光」
正に珠玉のような諧謔さと美しさ。
そして最後のアンコール曲「小犬のワルツ」はとてもフランス風でした。
萩原麻未ピアノリサイタル

2017年10月14日 [音楽]
友人がピアノで出演している『マレーネ』の『公開舞台稽古』の観劇に行ってきました。

この作品は2014年に初演。主演の旺なつきさんが第49回紀伊国屋演技賞個人賞を受賞した話題作で、今回再々演となり、地方公演が決定したとのことです。
『舞台稽古』といっても『公開』であるため本番と全く変わらないものでした。

ストーリーはマレーネ・ディートリッヒがコンサートのためにパリを訪れ、楽屋入りからリハーサル、インタビュー、そしてショウまでのほんの数時間を濃厚に描いたもので、出演者も5名のみ。
そのうち2名がピアノとアコーディオンの演奏者で、舞台上で音楽による進行を務めつつ、劇中人物にもなっているという構成でした。

幕開けの音楽から始まり、時に効果音としての表現。かと思うとBGMに徹し、そして最後のショウで歌われる『リリー・マルレーン』『花はどこに行った』『バラ色の人生』他10数曲の名曲の伴奏。
様々な演奏技法をグランドピアノではなく、より表現が制限されるアップライトピアノを使用して、演じる方の動きに合わせて舞台を進行していく。
大変な緊張を余儀なくされるのだと思いますが、友人の弾くピアノはどんなジャンルの曲を聴いてもいつも心地よく感じさせてくれる美しい音色で、今回も素敵な音楽が奏でられていました♪

そして、旺なつきさんの素晴らしいこと✨
演技力も歌唱力もうっとりするくらい素敵で、もはやマレーネ・ディートリッヒにしか見えないくらいでした。膨大な長さのせりふも完璧に自然にこなされていて、とても感激しました。
マレーネ

2017年09月19日 [音楽]
友人がゲスト出演するライブに行ってきました。

昨年結成されたユニットで、劇中歌、ダンスパフォーマンス、物語の朗読withヴァイオリンとパーカッションなど盛沢山の内容で今年もとても楽しめました。

昨年は蘭妖子さんがゲスト出演していましたが、今年はシルクドソレイユのクラウン役をしていたフィリップ・エマールさんが出演✨

ライブの良さは何と言っても間近でパフォーマンスに触れられることだと思います。

それぞれの方々のクオリティの高さに圧倒されながら、素晴らしい集中力、そして心からパフォーマンスを楽しんでいる様子を肌で感じることが出来て、素敵なひと時を過ごすことが出来ました。

ピアノのコンサートは2台、3台、5台ピアノの競演や連弾など、複数の方による演奏もありますが、ソロの方が圧倒的に多く、静聴するタイプのコンサートが多いですね。

様々な楽器やダンス、歌とのコラボはまた一味違った楽しさがあります。
ひとりで黙々とピアノに向かい好きな曲を弾くことも楽しいし、コラボすることもまたとても楽しいものですね(^^♪

さて、このユニットはあと3年は続けられる予定とのこと。

とても楽しみです♡




ライブ

2017年09月12日 [音楽]
近頃、ピアノと笛の音色に癒されています(^^♪
笛といっても沢山ありますが、中国の竹笛、笛子という楽器。

そもそものきっかけは、2015年の中国最高傑作ドラマと称される「琅琊榜―麒麟の才子、風雲を起こすー」を見たことからでした。

チャンネル銀河のトップページから引用すると
「南北朝時代をモデルとした中国の架空の時代を舞台に、政変に巻き込まれながらも一命を取り留めた主人公が家名の名誉回復のため、皇位をめぐる権力争いに身を投じていく宮廷復讐劇。全編に張り巡らされた伏線、緻密な計算、登場人物たちの駆け引きーーー見始めたら最後、あなたはこの作品の魅力から逃れることはできない。」
となっていますが、まさにその通りでした。

脚本もキャストも素晴らしく、グレーと青を基調にした映像がまた素敵でそこに美しい音楽が相まって、まるで重厚な映画のような作品でした。琅琊榜ロスという現象が起きたのが良く理解できます。

このドラマでの音楽はオーケストラのみの演奏の方が多かったように記憶していますが、中国の伝統楽器とのコンツェルトもあり、それがまた素敵でした。

そして中国の竹笛、笛子という楽器を少し調べてみると、笛膜(芦を薄くそいで作られたヒラヒラの膜)というものを笛に張り付けて振動させることであの独特な音色がでるとのこと。
今まで全く知らなかったのですが、初めて中国ドラマを見たことで中国楽器の構造にも興味が(#^^#)

そんなわけで、「YouTube」であれこれ探して、今一番癒されているのがピアノと笛子のInstruental Music.

オーケストラとの融合も素敵でしたが、ピアノと笛子のコラボはしっとり癒されます♡
笛

2017年08月22日 [音楽]
先日、蔵造りの街並みで人気の川越に行ってきました。
前回行ったのは15年ほど前、冬の時期だったので焼き芋を食べた記憶があるのですが、さすがに真夏の盛りに焼き芋はなく、浴衣姿の人達が小江戸の街並みにマッチしていました。

蔵造りの街並み、時の鐘、菓子屋横丁を歩き、市立博物館でゆっくりしてきました(*^_^*)

時の鐘は今でも一日4回時を告げているそうなのですが、ちょうど行った時間には聞くことができず、そのことが残念で鐘の音を想像しているうちにピアノの曲には、鐘と名のついた曲が沢山あることが思い出されました。

そのものずばり「鐘」という曲名でおそらく一番有名なリストの「ラ カンパネラ」
浅田真央選手が使ったことで広く有名になったラフマニノフのプレリュード「鐘」

他にも、タイトルの中に「鐘」と入っている曲は、
ラヴェルの「鐘の谷」
サンサーンスの「ラス・パルマスの鐘」
ギロックの「教会の鐘」
ブルクミュラーの「朝の鐘」
等々。。。

その他、タイトルの中に「鐘」という表記はなくても、鐘の音が感じられる曲は無数にあります。

以前ドイツを旅行した時に、朝方、教会の鐘の音が聞こえてきたことがあって、ヨーロッパの日常に溶け込んでいる鐘の音から沢山のピアノの名曲が生まれたんだと思ったことがあります。

ピアノの音と鐘の音。
どちらも素敵な音ですよね✨
kawagoe

PageTop